笑顔の男性

症状を知ってうつ病を克服しよう~病と向き合うことが大切~

精神疾患からくる体調不良

スマイル

うつ病の症状は軽度のものであれば気が付きにくく、素人ではうまく判断することができません。そこでネット上で公開されている診断テストを参考に、うまく心身の状況を把握していくことが大切になってきます。必要に応じての早急な受診、治療開始がうつ病完治への大切なポイントとなってくるのです。

» 読んでみよう

心と体

相談

うつ病は誰にでもなる病気です。自分でも気がつかないうちに症状が現れている可能性があります。少しでも違和感を覚えた場合や、親しい人から最近様子がおかしいなどと言われた場合は、一人で悩まず早めの診察を受けましょう。

» 読んでみよう

医師との共有の精度が大切

花

患者の能動的な関与

うつ病の治療のために精神科や心療内科に通院する際に、効果的な治療を実現できるか否かの大きな岐路となるのが、患者自身が能動的に治療に関与できるか否かです。というのも、精神科や心療内科でのうつ病をはじめとする精神疾患の診断は、内科や外科のように触診やレントゲンなど、医師の目や耳などで確認できるものではありません。医療面接における患者と場合によってはその家族などからの症状に関する申告を元に疾患名や疾患の程度を診断するしかないことがあるのです。今日ではうつ病をはじめとする精神疾患は症状の近い疾患であっても、適した治療法が異なるケースなどが解明されてきたことに伴い、以前よりも疾患名が細分化されるようになりました。しかし、このように細分化された精神疾患のどれに当てはまるのかを医師が判断するための材料はあくまで医療面接の際の患者側の申告となります。また疾患名の診断が行われ、薬物投与などの具体的な治療が開始された後も、患者からの内容申告制度は引き続き重要です。例えばうつ病の治療の際の大きな柱となる治療法が抗うつ剤の定期的な服用となります。しかし、抗うつ剤には多くの種類があり、個々の患者に合う抗うつ剤が何なのかは医師も処方しながらその後の症状の変化を患者に確認することで判断していくのです。従って、今の自分自身の症状により適した治療を受けるためには、患者自身が精神科や心療内科を受診する度に前回の受診の際に処方された抗うつ剤を服用した結果を申告することが治療の鍵となります。薬の服用結果以外にも、カウンセリングなどの治療を受けた後の症状の変化をより詳しく具体的に医師に申告するという、患者自身の治療に対する能動的な関与の姿勢が重要なのです。

予防のための知識の普及

精神疾患を患った際に重要なことは、なるべく症状が軽い内に適切な治療を受けて根治を目指すことです。なぜならばうつ病をはじめとする精神疾患は症状が重くなれば重くなるほど根治に時間がかかるだけでなく、再発率も高くなるからです。例えば疾患を引き起こしたストレスの要因がはっきりしており、そのストレスの要因が発生してから1か月以内に症状が現れた際に診断される精神疾患が適応障害です。そして適応障害を患った人の場合、ストレス要因を取り除き、休息を取ることで根治を目指すことができます。具体的にはストレス要因を取り除いてから6か月以内に症状が出なくなれば適応障害を根治できたということになるのです。しかし、ストレス要因を取り除いてから6か月を経ても適応障害の症状が根治できない場合、患っている精神疾患の疾患名が適応障害から、より症状が重く治療に時間と手間を要することになるうつ病に変わってしまったと診断されるのです。精神疾患はこのように、適切な治療によって効果が現れて症状が改善されない場合は、現状維持ではなく更に重い精神疾患に発展してしまいやすいという性質を持っています。だからこそ、精神疾患の疑いが生じた際は、なるべく早く精神科や心療内科の医師の診察を仰ぎ、適切な治療を開始することが重要なのです。今日では精神疾患が社会的な生産性向上を阻む大きなリスクと見なされるようになりましたので、企業などでは精神疾患を患った際の治療プログラムを確立しているケースも少なくありません。そのことによって企業で努めるビジネスマンを中心に精神疾患に関する知識も随分と深まってきています。そして今後はそうした意識をさらに前進させ、精神疾患を患う前に予防するための知識も普及していくことが予測されています。

だれでもかかる病気

医者

昔はうつ病というのは特別な人がかかってしまう病気ととらえられていましたが、現代ではだれにでも起こってくる病気と認識されています。この病気は様々な症状があらわれ、体の痛みを通して起こることもあり診断が難しい病気です。

» 読んでみよう