微笑む女性

症状を知ってうつ病を克服しよう~病と向き合うことが大切~

心と体

相談

一人で悩まず相談を

うつ病は誰にでも起こりうる心の病気です。症状が酷くなると体の不調をきたしてしまう事もあるので注意が必要です。現在、うつ病の患者さんの数は増加傾向にありおよそ100万人以上とされています。自分が気がついていないだけで、うつ病にかかっている人もいます。うつ病はみなさん誤解しがちですが、「気分が落ち込む」「やる気が出ない」と、いったものとは違います。うつ病は自分で原因はわからないけれど、精神的にとても苦しいという症状が2週間以上続くものをうつ病と言います。うつ病が酷くなるとどんな症状が現れるのでしょうか。感情表現の減退、さまざまな活動において楽しみ、喜びや興味をなくしてしまっている。睡眠障害、ほぼ毎日不眠になる。体重の増減、制限をしているわけではないのに体重の増減が激しくなる。また、全く食欲がなくなったりする。疲労感、ほぼ毎日疲労感が取れず、やる気がなくなる。罪悪感、自尊心が低下し毎日根拠のない罪悪感に苛まされる。集中力が続かない、何事にも集中力が続かないため日常生活、仕事などに影響される。最悪、自殺念慮などの症状が現れます。誰かに相談をしても、「考えすぎ」「頑張りが足りないから」「甘えている」などと言われることが多く、人に理解されにくい病気でもあります。だからこそ、一人で悩まずまず専門の医療機関に相談する事、勇気を出して病院に行き適切な治療を受ける事が必要になります。今、心療内科・精神科の病院は地域にたくさんありますので、自分にあう病院を探しましょう。

心療内科・精神科での治療

うつ病かなと思ったら専門の医療機関へ行く事をおすすめします。では心療内科に行けばよいのか精神科に行けばよいのか判らないと思います。適切な診断を受けるために心療内科と精神科の違いの説明をします。心の病気がもととなり、体にも症状が出てきた場合、その病気や症状を治すところです。このような症状が現れている場合は心療内科を受診しましょう。朝が特に辛く、仕事に行く意欲がわかない、動機や息切れがする・めまいがする・下痢や、便秘、尿の回数が多くなった・体が疲れやすく、疲労感が取れない、肩こりや頭痛が酷いという症状には要注意です。また、心療内科は身体的な症状を治すために内科の先生が診てくれることもありますが、こころの治療のために精神科医の先生が担当になることもあります。精神科はこころの病気を扱い治療をする病院です。こころの病気の症状として、強い不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想など見た目や体には異常が現れていない精神疾患のことです。このような症状が現れた場合は精神科の受診をおすすめします。何気ない事にイライラする回数が増えた、好きだったものに興味がなくなる、気分が落ち込み何もしたくない、不安感が強い、すぐにパニックになってしまう、落ち込んだ時と元気すぎる時のふり幅が激しい、物忘れや忘れ物が多いなどの症状があれば、カウンセリングなどの診察をしましょう。精神分析や薬物投与などの治療を施されることがあります。こころの病気を診てほしい場合は精神科、こころの病気で体に影響が出ている場合は心療内科と言うことになりますね。